環境への取り組み環境方針Environmental policy

基本理念

東急テクノシステム株式会社は、地球環境の保全、さらには地球環境の質的改善が人類共通の重要課題であることを全社員が強く認識し、企業活動のあらゆる面で環境に対するきめ細かな取り組みを行い、持続可能な循環型社会の実現に貢献します。

活動方針

  • 1.当社の事業活動に関する環境関連法規、条例及び当社が同意するその他の要求事項を遵守すると共に、さらに技術的、経済的に可能な範囲で自主基準を定め、一層の環境保全に取組みます。
  • 2.環境活動内容と環境負荷低減目標を具体的に設定し、取り組みます。
    • 二酸化炭素排出量の削減
    • 事業系一般廃棄物の削減
    • 産業廃棄物の削減
    • 紙使用量の削減
    • 排水量の削減
    • 化学物質使用量の削減及び保管管理
    • グリーン購入の促進
    • 環境配慮
  • 3.当社が生産・販売・提供する製品およびサービスに関して環境に配慮し、建設リサイクルを推進すると共に、環境配慮設計および原材料の調達を推進します。
  • 4.最高経営者によるシステム見直し及び内部監査を年1回実施し、環境マネージメントシステムの維持向上に取り組みます。
  • 5.環境上の緊急事態に対する訓練により環境汚染の予防を図ると共に、環境教育、社内広報活動などにより、従業員に対する環境方針の周知徹底に取組みます。
  • 6.この環境方針は社内外に公開します。

エコアクション21

エコアクション21は、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)です。
一般に、「PDCAサイクル」と呼ばれるパフォーマンスを継続的に改善する手法を基礎として、組織や事業者等が環境への取り組みを自主的に行うための方法を定めています。当社は、エコアクション21のガイドラインの要求事項に沿って、外部審査を受け環境活動に取り組んでいます。

環境活動の成果(2013年~2018年)

環境活動の成果 削減率と主なポイントー5年前との項目別比較ー 化学物質使用量 49%削減(ポイント:・塗料の在庫管理、塗布面積使用量を把握し、無駄を無くす ・有害性塗料からエコ型塗料に変更) 化石燃料 30%削減(ポイント:・社有車使用を控え、公共交通機関の利用を促進 ・運転時はエコドライブを徹底) 産業廃棄物排出量 23%削減(ポイント:・分別廃棄によるリサイクル化を促進) 二酸化炭素排出量 20%削減(ポイント:・節電・照明のLED化・エアコン更新等により電気使用量を削減)

外部審査の実施

エコアクション21の認証・登録のためには、1年ごとに外部の審査人による「更新審査」もしくは「中間審査」を受審し、適合と認められる必要があります。
外部審査では、経営者インタビュー・環境活動運用状況のヒアリング・文書記録の確認などの「書類調査」、工事現場調査・環境関連施設(産業廃棄物保管場所等)確認などの「現地調査」を行っています。

  • 工場現場調査

    工場現場調査

  • 環境関連施設の確認

    環境関連施設の確認

  • 審査終了会議

    審査終了会議

緊急事態訓練

当社の事業活動は、「油や化学物質の流出等」により環境に重大な影響を及ぼす事故が発生する可能性があります。万が一の事故に備え、人的災害を防ぎ、環境汚染が最小限の範囲で済むよう、定期的に緊急事態を想定した訓練を行います。

本社・中原工場

有機溶剤の缶が作業中に倒れて漏洩したことを想定し、拡散・流出を防止するための訓練を行いました。改造工事中のバスからの燃料・オイルの漏洩・流出も想定しています。

長津田工場

危険物貯蔵庫の棚から塗料缶を持ち出す際に誤って床に落下させて有機溶剤が漏洩・流出したことを想定した、拡散・流出防止訓練を行いました。貯蔵庫内の貯水升へたまった回収方法を訓練しました。

四ツ木事務所

塗料を小分けにする際、容器が転倒して塗料の漏洩・流出したことを想定した拡散・流出防止訓練を行いました。雨水排水溝に流出しない工夫をして、環境汚染や2次災害を防止します。