電気工事の事例 case - Railway electrical construction

東京急行電鉄(株) 東横線渋谷駅~代官山駅間地下化切り替え工事

竣工:2013年3月
施工:電設事業本部 電力工事部・信号工事部・電設工事部

2013年3月15日、東横線と副都心線の相互直通運転に伴う工事として 渋谷駅~代官山駅間地下化切り替え工事を実施しました。

2013年3月15日、東横線~副都心線相互直通運転に伴う工事として、渋谷駅~代官山駅間地下化切り替え工事を実施しました。 従来の東横線のほぼ真下に作られた地下新線は、渋谷駅から代官山駅手前で地上に顔を出し、駅部分で既存の線とつながりました。接続部分は代官山駅の狭い範囲での作業となる上、終電から翌朝の初電までの限られた時間の中、まさに分刻みに作業を進める難工事となりました。 電設工事を担当する当社関係者は協力会社を含め80人を超え、その他、保線・土木・警備など全体では総勢1200人の作業員が工事に臨みました。 この相互直通運転開始に向け、当社で担当した工事は切り替え当日の工事だけでなく、地下に新設した変電所工事やトンネル照明工事、渋谷駅の各種工事など、中には6年掛かりの工事もあり、年月を掛け多くの作業に携わりました。