新たな試み

新たな試み

ヘッドマウントディスプレイを使用した運転シミュレータ


業界初、リアルな臨場感

運転シミュレータにヘッドマウントディスプレイを付加することにより、現実の走行環境をCGで再現した360度の仮想空間内で研修が行える「体感型教材」です。
本シミュレータを使用することで、本番さながらの臨場感と緊張感が味わえるほか、従来の大型シミュレータに比べて半分以下のスペースで設置でき、導入コストも約30%削減できます。

お客様からの要望
  1. 運転シミュレータ製作には、モックアップ(模擬車体)・大型ディスプレイなどを設置する広い場所が必要な上、導入コストが高くなるため、安価のものが欲しい。
  2. 1人しか教習できないため、多人数で行うと時間がかかる。

以上をふまえ開発されたシステムです。


ヘッドマウントディスプレイを用いたシミュレータのイメージ

従来品との比較
新システム 従来品
スペース
(幅×奥行×高さ 単位:m)
1×2×2 中型:2×3×3
大型:10×10×3
主な訓練項目 ・運転訓練
・360度CGを用いた事故・故障処置
・出庫点検
・運転訓練
・CGと車両モックアップを用いた事故・故障処置
・出庫点検
動作環境
(必要なコンピュータの台数)
・制御兼映像用 1台 ・制御用 1台
・スクリーン1つにつき映像用 1台
価格 仕様(路線長、訓練項目数など)により価格が変動します。お問い合わせください。
メリット
  1. 省スペースでリアルな運転教習ができる。
  2. 同仕様の場合、従来品より安価に製作が可能である。
  3. 車両モックアップを使用したものと比較して、安価に車種の変更改修が可能である。
  4. ヘッドマウントディスプレイを複数使用(コンピュータ+疑似マスコン+ヘッドマウントディスプレイ)することで多人数での教習も可能となる。
  5. コンピュータ1台で可動することから消費電力も軽減され、環境にやさしいシミュレータである。