教育への取り組み

技術・技能教育

東急テクノシステムは、現場技術の継承と拡充に注力し、技術の維持・向上を目指した組織的な活動を促進しています。

東急テクノシステムでは、鉄道を利用するお客様の安全と安心を守るため、OJTによる徹底した現場教育はもちろん、技術競技会・技能競技会の開催や様々な勉強機会に参加することで、技術の伝承に努めています。また、技術発表会により新たな技術を追求しています。

  • 技能競技会や技術発表会、技術の伝承。
    日頃の作業技術を、発表して競い合うことで技術の伝承とモチベーションの維持・向上を図ります。
  • 鉄道や工事にかかわる法規・新しい設備やシステムに関する勉強会。
    鉄道事業や工事施工にかかわる法令や規則の概略を学び、保守および工事業務への理解度を促進させます。
    鉄道事業者または施主の設備や機器の変更に応じた勉強会を開催して、作業への知識を身に付けます。
  • 東急電鉄と連携した技術習得の機会推進。
    東急電鉄の持つ保守・修繕技術と東急テクノシステムの持つ施工技術を融和した技術習得機会を模索し、 自己の成長につなげています。
    企業風土や安全に対する意識・鉄道のお客さまやシステム使うユーザーへの意識を醸成し、クオリティー(品質)の高い業務を身につけます。
交通事業の技能競技会

社内で選抜されたチーム同士で電車の車両図面を解読し、電気配線する作業について技能を競いました。

電設事業の技術競技会

東急電鉄と合同でハンガの交換やトロリ線の復旧、踏み切り遮断機の配線作業などについて競技を行い、異常時に早急に対応できる技能を競いました。

交通・電設事業の技術発表会

東急電鉄と合同で開催された車両技術研究発表会では、「ラインデリア羽根洗浄方法の改善」と譲渡車両の過程について「地方鉄道への転身」の発表を行い、ラインデリアの改善について最優秀賞を受賞しました。また、電気部技術発表会では、トロリ線を絶縁するためのセクションインシュレータ取り付けの工具製作が優秀賞、制御動作試験を多様にできる模擬盤の製作(縮小化や軽量化)について優良賞を受賞しました。

お問い合わせ

お問い合わせ・お見積もりをお考えの方はお気軽にご相談ください。

メールでの問い合わせはこちら