事業案内

鉄道車両工事の実例 詳細

  • 伊豆急行株式会社 100系

    100系電車は1961年の伊豆急行線開業に合わせて登場し、茶色の電車が一般的な時代に、斬新なハワイアンブルーの塗装が話題を呼びました。53両が製造され、最大10両編成を組み、私鉄で唯一の食堂車も登場し伊豆急行の主力車両として親しまれましたが、海岸沿いを走ることから腐食が進んだため順次廃車となり、1998年には全車が営業運転を終了していました。その中で大半の車両が廃車されましたが、クモハ103号車のみが事業用車両として、伊豆高原電車区内で車両の入替作業等に使用されていました。 2011年、伊豆急行㈱では伊豆急行線開業50周年を記念し、このクモハ103号車を復活させ、再び営業線を運行することとなりました。当社では、主電動機・電動空気圧縮機・オイルダンパーの整備等を担当しました。

  • 伊豆急行株式会社 100系

    100系電車は1961年の伊豆急行線開業に合わせて登場し、茶色の電車が一般的な時代に、斬新なハワイアンブルーの塗装が話題を呼びました。53両が製造され、最大10両編成を組み、私鉄で唯一の食堂車も登場し伊豆急行の主力車両として親しまれましたが、海岸沿いを走ることから腐食が進んだため順次廃車となり、1998年には全車が営業運転を終了していました。その中で大半の車両が廃車されましたが、クモハ103号車のみが事業用車両として、伊豆高原電車区内で車両の入替作業等に使用されていました。 2011年、伊豆急行㈱では伊豆急行線開業50周年を記念し、このクモハ103号車を復活させ、再び営業線を運行することとなりました。当社では、主電動機・電動空気圧縮機・オイルダンパーの整備等を担当しました。

  • 伊豆急行株式会社 100系

    100系電車は1961年の伊豆急行線開業に合わせて登場し、茶色の電車が一般的な時代に、斬新なハワイアンブルーの塗装が話題を呼びました。53両が製造され、最大10両編成を組み、私鉄で唯一の食堂車も登場し伊豆急行の主力車両として親しまれましたが、海岸沿いを走ることから腐食が進んだため順次廃車となり、1998年には全車が営業運転を終了していました。その中で大半の車両が廃車されましたが、クモハ103号車のみが事業用車両として、伊豆高原電車区内で車両の入替作業等に使用されていました。 2011年、伊豆急行㈱では伊豆急行線開業50周年を記念し、このクモハ103号車を復活させ、再び営業線を運行することとなりました。当社では、主電動機・電動空気圧縮機・オイルダンパーの整備等を担当しました。

  • 伊豆急行株式会社 100系

    100系電車は1961年の伊豆急行線開業に合わせて登場し、茶色の電車が一般的な時代に、斬新なハワイアンブルーの塗装が話題を呼びました。53両が製造され、最大10両編成を組み、私鉄で唯一の食堂車も登場し伊豆急行の主力車両として親しまれましたが、海岸沿いを走ることから腐食が進んだため順次廃車となり、1998年には全車が営業運転を終了していました。その中で大半の車両が廃車されましたが、クモハ103号車のみが事業用車両として、伊豆高原電車区内で車両の入替作業等に使用されていました。 2011年、伊豆急行㈱では伊豆急行線開業50周年を記念し、このクモハ103号車を復活させ、再び営業線を運行することとなりました。当社では、主電動機・電動空気圧縮機・オイルダンパーの整備等を担当しました。

  • 伊豆急行株式会社 100系

    100系電車は1961年の伊豆急行線開業に合わせて登場し、茶色の電車が一般的な時代に、斬新なハワイアンブルーの塗装が話題を呼びました。53両が製造され、最大10両編成を組み、私鉄で唯一の食堂車も登場し伊豆急行の主力車両として親しまれましたが、海岸沿いを走ることから腐食が進んだため順次廃車となり、1998年には全車が営業運転を終了していました。その中で大半の車両が廃車されましたが、クモハ103号車のみが事業用車両として、伊豆高原電車区内で車両の入替作業等に使用されていました。 2011年、伊豆急行㈱では伊豆急行線開業50周年を記念し、このクモハ103号車を復活させ、再び営業線を運行することとなりました。当社では、主電動機・電動空気圧縮機・オイルダンパーの整備等を担当しました。

  • 伊豆急行株式会社 100系

    100系電車は1961年の伊豆急行線開業に合わせて登場し、茶色の電車が一般的な時代に、斬新なハワイアンブルーの塗装が話題を呼びました。53両が製造され、最大10両編成を組み、私鉄で唯一の食堂車も登場し伊豆急行の主力車両として親しまれましたが、海岸沿いを走ることから腐食が進んだため順次廃車となり、1998年には全車が営業運転を終了していました。その中で大半の車両が廃車されましたが、クモハ103号車のみが事業用車両として、伊豆高原電車区内で車両の入替作業等に使用されていました。 2011年、伊豆急行㈱では伊豆急行線開業50周年を記念し、このクモハ103号車を復活させ、再び営業線を運行することとなりました。当社では、主電動機・電動空気圧縮機・オイルダンパーの整備等を担当しました。