事業案内

  • 電気工事事例 Vol.02(2012年8月記)

    京王電鉄(株)調布駅付近連続立体交差事業 地下化切替工事
    電設事業本部 電路工事部・信号工事部

最終電車が通過後、待機していた作業員が一斉に作業開始

調布駅付近 地下化切替工事

調布駅付近では、鉄道により分断されていた街の一体化を図るため、京王本線と相模原線の平面交差を無くし、踏切を廃止する連続立体交差事業が進められ、2012年8月18日から19日にかけて、地下化切替工事を実施しました。 当社電路工事部は架線工事を担当し、信号工事部は踏切の遮断棹撤去および軌道回路等の切替工事にあたりました。 地元の関心も高く、工事の様子を見学しようと深夜にもかかわらず大勢の人が集まる中、最終電車の通過と同時に切替地点付近で待機した作業員が一斉に作業に取りかかりました。従来の架線の撤去作業に始まり、トロリー線・吊架線を外し、同時に工事に支障のない架線を仮に引き留めるなど手際よく作業をすすめ、東の空が明るくなる頃には新たに接続された線路の上で、新架線へと切替作業を行いました。

     高圧き電線切替作業

     試運転の電車が通過する時間までの限られた時間の中、安全かつ確実に作業をすすめます

  •  

  •